国際女性デー「ミモザウイークくにたち」2024

3月8日は国連が定める「国際女性デー」です。パラソルでは国際女性デーの象徴であるミモザの花をモチーフに
「ミモザウィークくにたち」を開催します。

【国際女性デー】起源は1904年3月8日、アメリカニューヨークで行われた女性参政権を求めるデモ。
その後、国連は女性の権利と政治・経済分野への参加推進のため、そして女性たちが達成してきた功績を振り返り、その勇気と決断を称える日として1975年(国際婦人年)に3月8日を「国際女性デー」と制定しました。

【ミモザの日】イタリアでは3月8日は「ミモザの日(Festa della Donna=女性の日)」とされ、女性に感謝を込めて、愛や幸福の象徴「ミモザ」の花を贈る日とされています。

■「パネル展示・メッセージ募集」

「自分の生きかたは、自分で選んでいい」

をテーマに、性別にかかわらず、自分の生きかたを選ぶことについて、男女雇用機会均等法や身近なジェンダーに関する事例、4月に施行される女性支援新法について、パネル展示を行います。
また、国際女性デーにちなんだメッセージを募集・展示します。

旧国立駅舎では展示期間中の夜間、ミモザ色のライトアップを行います。

①旧国立駅舎
 2024年3月1日(金)~10日(日)※初日は正午より。

国立駅前くにたちこくぶんじ市民プラザ
 2024年3月1日(金)~31日(日)

昨年の様子

(※旧国立駅舎のライトアップは、東京都(公財)東京観光財団の「建築物等のライトアップモデル事業費助成金」を活用して実施しています。)

■(交流会)「ふらっと!しゃべり場」

「自分を大切にする」ってどういうこと?

ジェンダーや生きかたをトークテーマに進行する、だれでも参加できる交流会「ふらっと!しゃべり場」。
毎月第一土曜日に定期開催しています。

3月のテーマは「自分を大切にする」ってどういうこと?

日時:3月2日(土)15:00~17:00

詳細はこちら→「『自分を大切にする』ってどういうこと?」リンク

場所:くにたち・こくぶんじ市民プラザ

申込み:不要